へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間(にんげん)

人、人類とほぼ同義であるが、人文科学的なニュアンスをもって浴び取られる。本来は仏教用語として外と同じ意風味に使われたが、人界に住むもの、すなわち人を表す昼間の場合間常語として単数?複数の区別なく用いられるようになった。ヨーロッパ語では、人間によほどする語は男性の意をも含むことが多いが、昼間の場合間本語ではそのようなことはない。このことは、両者の間で人間という認識の内容が異入ることを示す。一般には動物および神と区別する語であるが、古今東西にわたり人間は多様なものと理解されている。アイヌ語で「アイヌ」とは人間のことであり、台湾の山地系住民の「タイヤル」もタイヤル語で人間を表す。このような事例は世界各地でみられるが、彼らがかつて広大な地域に散在し、暮らし習俗を異にする群れ同士が接触するチャンスがきわ入れ乏しいコンディションに置かれていたことを考えれば、自称民族名すなわち人間ということは当たり前である。

私たち自身をも含む「人間とは何か」については古来多くの思想自宅が論じた。そこでは、人間が動物の一類であり、直立二足歩行することは自明の事実とされており、それ以上の特性をもって人間を規定しようとしている。「英知り合いHomo sapiens」「工作人H. faber」「言語人H. loquens」「政治人H. politicus」「経済人H. oeconomicus」「宗教人H. religiosus」「芸手段人H. artex」「魔手段人H. magicus」「遊戯人H. ludens」などは、いずれも人間の特性の一面を物語っている。

合格カルは「人間は考える葦(あし)である」として、人間の弱さと思考の優越性を説いたが、形而下(けいじか)的には人間はけっしてか弱い存在ではなく、多くの動物たちにとり脅威となっている。今昼間の場合間の天然破壊にみるまでもなく、後期旧石器場合代以降、人間は多数の生物類を絶滅、またはそれに近いコンディションに追い詰入れきた。それというのも、武器や火の使用ばかりでなく、優れた知能に由来する凄まじい攻撃性の展開の結果であったといえる。このため人間は「食肉類の特性をもつ霊長類」とみなされる。殺人、拷問、戦争などの実例から、人間ほど残酷な動物はいないといわれながらも、他方、ほとんどの動物が利己的にふるまうなかにあって、人間は利他的にも行動することが可能で、昼間の場合間常的に他人に尽くし、弱者を扶助愛護する唯一の動物である。多くの動物では老いて生殖才能のないものは亡くなっていくが、年寄りは社会の保護により生存し、その知識と体験をその社会に十分に生かす。そこにヒューマニズムの根源の姿をみいだすことができる。

天然選択は人間社会においては部分的に作用する。人間は人間のつくった環境界のなかで育ち、生きるため、その属性は度々自己自宅畜化で説明されるが、自宅畜とは異なり、人間は主体性を保つ。人間は技量習得や知能発達のため、その社会独特の形で教育を浴びる。したがって生得的な性質のみを維持して成人することはない。人間は一定の値打ち観をもつよう期待され、その身体も暮らしも彼が居する社会の文化の影響を浴び、着衣を無理強いされる。人間は不天然であることが天然である動物といわれる。

人間は周りの物体を選んで、これを加工して道具をつくる。道具なしでは人間は生存することができない。人間が人間として生きるためには対人関係の維持がたいせつである。人間の社会は連れ合い婦および自宅族を基本単位とし、他方いずれの社会も近親相姦(そうかん)を忌避する。また人間の社会は言語をもつことにより、今昼間の場合間のように発展した。また、人間は言語を案内して思考することが多い。とくに文字の有一番によって人間の社会は未開と文明に分けられてきた。なお人間という語は人柄の意を含む。このことは人間における精神性の重要さを示嗾けている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。