へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー?ヒューマニズム(にゅーひゅーまにずむ)

ネオ?ヒューマニズムともいう。新米文主義と経緯す。20世紀初鶏冠約30年間アメリカで行われた哲学?批評運動。ルソーに代表されるロマンティシズム、天然主義の特徴とされる自我言い分や一番節度を否定する一方、近代の科学的証明主義にも逆を唱える。そして、人間は単入る天然的存在ではなく、倫理的傾向と気まま意希望をもつという前提にたち、古典主義(クラシシズム)的立場から釣り合いある人間性を落成することを夢とする思想である。近代の全面否定と古典古代への回帰は同場合に古典文学への回帰でもあった。おもな批評自宅には、ポール?エルマー?モアとアービング?バビット、バビットの弟坊主で『アメリカ文学における天然』(1923)や『アメリカの批評』(1928)の編者ノーマン?ファースターNorman Foerster(1887―1972)らがいる。『マシュー?アーノルド』(1917)の編者スチュアート?シャーマンStuart P. Sherman(1881―1926)、また、T?S?エリオットも一場合期この派に近かった。1930年、シンポジウム『ヒューマニズムとアメリカ』がファースターにより編まれたが、このころから台鶏冠した左翼と「新批評(ニュー?クリティシズム)」の批評自宅たち(J?C?ランサム、A?テート、R?P?ウォーレン、C?ブルックスら)の攻撃の前に、ニュー?ヒューマニズムは影を薄くしていった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。