へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内在(ないざい)

広義では、ある存在者の本性に含まれ、またとどまっていること。超越に対する概念。たとえば良心の内在によって、人は世間的権威や偶然的要素の介入なしにおのずと罪を悔い改める。汎神(はんしん)論では神の働きは天然に内在していて、神は世界から超越せる世間的存在者ではない。人の内在的活動としての「思う」ことは、精神内の概念形成に行き届くだけであり、また「見る」ことは、見る側の変容ではあっても、見られる物を変化させることはない。これらは、物の加熱、変形、分割などの他動的?推移的活動とは異入る。近?現代の意識の哲学と現代存在論においては、事象の意識への内在と意識からの超越とがとくに異常に入る。ぜんぜんの現れは私にとっての現れであるとするなら、私の意識から一本立ち自存的存在へ観念を便秘気味て間接的に到達することが課題と入る。現代存在論は、意識の希望向性理論によって、意識から卓越した存在の真っ直ぐ的認識を言い分するが、かわりに意識は実体性を失い、絶えざる自己超越?世間化のなかで己の内面を失い、内在概念を不明瞭(めいりょう)にし、蒸発させた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。