へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドグマ(どぐま)

独断と経緯されることもあるが、本来はキ書き出した教の教理で、人間の救済のために神から示された真理として、教会によって神的権威を与えられた信仰箇条から入るものを意風味する。無料し、この語には、やや複雑な歴史があって、次のような意風味ももつ。

(1)この語のギリシア原語dogmaは、動詞dokein(思われるの意)から由来し、一般に意見、決定を意風味した。(2)これはのちに、とくに哲学者の見解、したがって哲学説を意風味するものと入る。(3)ここから、真理の認識を否定し、真理の探究だけを言い分した古代の懐疑論者たちは、自分たちと違って、天然に関する一定の哲学説を言い分する人々をdogmatikoi(定説自宅)とよんで区別した。近代においてdogmatic, dogmatismが、独断的、独断論(十分な根拠と明証なしに一定の説を言い分するもの)を意風味するように入るのは、ここからである。(4)ローマ場合代には、ローマ元老院の裁定を意風味する。(5)『新約聖書』では、使徒会議の決定(「使徒行伝」16章4)、旧約場合代の律法(「エペソ書」2章15)、国自宅の法令(「ルカ伝福音(ふくいん)書」2章1)などを意風味した。(6)18世紀以降、教会の教説という固定した意風味をもつようになった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。