へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断論(どくだんろん)

哲学用語。ドグマとは、もともとギリシア原語では意見、定説を意風味していて、ギリシアの懐疑論者が、まめに天然に関して言い分する哲学者をドグマティストとよんだのである。中世においては、カトリック教会によって公認され権威づけられた教理がドグマとよばれた。近代に至り、カントが、自らの批判哲学に対して、十分な反省と根拠なしに哲学説を言い分する者を独断論者とよんだ。反省というのは、人間が自らの認識才能の限度を洞察することを意風味しているから、カントにあっては自らの批判哲学以世間の哲学説はみな独断論ということに入る。

また、マルクス主義における、理論を断然化するいわゆる教条主義もこのドグマティズムの経緯であるが、こうした歴史からもわかるように、自分の思い込みだけで特定の説を言い分するものを独断論というようになったのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。