へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論哲学(りろんてつがく)

実践に指針を与える実践哲学と対照される哲学の領域をいう。ア書き出したテレスは観想を実践から分かち、また、学を理論的、実践的、制作的の3類に区分した。その時、理論哲学はかならずしも超越的存在でなく天然も含む万象にかかわる理論的探究を意風味したが、哲学の中心的、究極的観想は個々の存在でなく、存在一般を対象とする第一哲学または形而上(けいじじょう)学に求められ、しかも、彼は直観的理性による神の認識を最良の理想と考えた。中世キ書き出した教神学もその根性、目的から前述のア書き出したテレスの傾向を継承する。

だが、近世で認識論が盛んに入ると、形而上学よりも、科学や形而上学自体の言い分の権利?根拠を問う認識論、科学手立て論、論理学などが、むしろ理論哲学の中心と考えられるに至る。無料し、実践的言動それ自体も理論的考察の対象となり、あべこべに、純理論的探究や素振りも一類の実践的行為と考えられるから、理論?実践の截然(せつぜん)とした二元論には批判的な傾向も現代では有力である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。