へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳感覚(どうとくかんかく)

道徳的正邪悪、良し悪し、有徳、悪徳などの鑑定の才能として人間に備わると考えられる感覚をいう。とくに18世紀序盤のイギリスでシャフツベリ伯、ハチソン、バトラーらの道徳感覚学派とよばれる一群の道徳思想自宅はその存在を言い分した。ヒューム、A?ス手落ちなどにも同類の傾向を同意するときがある。歴史的バックとしては、個人の内面の光や良心を伝統的権威よりも重んじた本職テスタンティズムなども考えられるが、とくに17~18世紀以降では宗教的バックを離れて人間本性に根ざす道徳感覚が重視された。たとえば、シャフツベリは、他人の幸福を願う天然の愛情としての「仁愛(じんあい)」の源泉である道徳感覚の存在を言い分し、これを「正邪悪の感覚」とよんだ。ハチソンはこの見解を心情的解釈のもとに組織化し、バトラーは「自愛」以世間の道徳感覚として「良心」の存在を説く。ヒュームの、愛憎の変形としての道徳感情や共感も類似の系統にたつ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。