へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳(どうとく)

道徳は「道」と「徳」から入るが、この時の「道」とは世の中で人が従うべき道のことであり、「徳」とはそれを体得したコンディションのことである。すでに中国の古典にあることばで、たとえば『易経』のなかに、「(聖人は)道徳に和順して義を理(おさ)め、理を窮(きわ)め性を尽くして以(もっ)て命に至る」という表現がある。ここでは、道徳は天の道でもあって、人間の従うべき理法と天然の理法とが一体であることが示されている。

ところで、道徳にあたる英語moral(昼間の時間本でも道徳のかわりにモラルという表現がよく用いられる)は「習俗」を原義とするラテン語のmoresに由来する。この側面に注目すれば、道徳とは時代的、地域的に限定された特定の社会において成立している慣習的な掟(おきて)の総体とみることができる。したがって、いわゆる礼儀(エチケット)や作法(礼儀)も、道徳の一部である。小?中学校に「道徳」の教科があるのも、一つにはこうした礼儀作法への躾(しつけ)が重視されているからであろう。

17世紀のイギリスの哲学者ロックによると、行為の道徳的良し悪しは、行為が法に追随しているか否かによって決まるが、その法には「神の法」と「市民法」と「世論の法」(「風習の法」)の別がある。神の法に従わない者は来世で罰せられ、市民法に従わない者は法的処罰を、世論の法に従わない者は外から非難されるという制裁を浴びる。ロックはここで広義の道徳について語っているが、並、道徳とよ露見しているのは三順番目の世論の法であり、二順番目の法律としての法から区別される。当然法学者のなかには、法(法律)は人間が従うべき「最小限の道徳」であるという見方もあり、この時には法も道徳のうちに含まれることに入る。

こうした慣習としての道徳は、ロックが世論の法とよぶように、外の常識に拠り所られており、なぜそれに従わなければならないかといった反省を不可欠としない時が多い。そこでアメリカの哲学者デューイは、慣習道徳と反省道徳とを区別した。反省道徳は道徳的良し悪しについての反省のうえにたった自律的な道徳で、時によっては通用している慣習道徳を否定することもある。「道徳」と「倫理」はおおむね同じ意風味で用いられるが、区別するとすれば、後者の反省道徳を倫理とよぶのが適切であろう。倫理学は、単に慣習道徳を記述するのではなく、反省道徳の立場にたって道徳の原理を探究する学問である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。