へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論(りろん)

諸法則を体系化したものをいう。当然並には、理論は実際と対比され、実際は理論とは異なる、などといわれる。これは、理論というものには一般になんらかの理想化が含まれており、したがってそのままでは実際には使えない、ということの嫌味を込めた表現である。しかし、よりたいせつなのは、体験と対比された理論である。

科学の探求は個々の体験法則の探究から始まる。そして、たとえば気体については、ボイルの法則とかシャルルの法則とかが発見された。これらの法則はいずれも、気体の圧力、体積、温度に関する法則である。そして、それら三つの量は、それぞれ体験的に測定されうるものである。したがってそれらの法則は、体験的に測定されうる量の間の体験的に確立されうる法則であり、それゆえ体験法則といわれる。ところが、一群の体験法則が発見されると、次の段階として、それらの法則を統一的に説明しようということに入る。そしてそのためには、先の例でいえば、気体というものをより根元的に考えなくてはならないことに入る。そこで科学者は、気体というものは乱雑に運動している分坊主の群れである、と考え、それぞれの分坊主にニュートン力学を適用した。かくしてそこに「気体運動論」という理論が成立したのである。ところが、分坊主というものは、われわれの体験できるものではない。それは、体験法則を説明するために、科学者によって考えられたものである。したがって、気体運動論という理論を構成している諸命題(すなわち諸法則)は、体験的に確立されうる法則ではない。すなわち、科学者は体験法則を説明するのに、その後ろに潜んでいる非体験的法則でもってするのである。このような非体験的法則が「理論法則」といわれ、理論法則の体系が「理論」といわれるのである。しかし実は、非体験的法則でもって体験法則を説明するためには、両者をつなぐ命題が不可欠である。それが「対応規則」といわれるものである。先の例では、分坊主の運動エネルギーの平均値はその気体の断然温度に比例する、というのがその一例である。すなわち、われわれは体験法則の後ろに、対応規則を案内して非体験的な理論法則を、その体験法則の実の姿としてみるのである。そしてこれが、体験法則についての理論的説明にほかならない。したがって、体験と対比された意風味での理論というものは、体験の後ろにあって、体験を「実は理論的にはこうなのだ」として、説明するものなのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。