へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカルト派(でかるとは)

デカルト思想を継承し、発展させた人々の総称。デカルトの影響はまず長期間居住していたオランダに現れた。レギウスHenricus Regius(1598―1679)やベッケルBalthasar Bekker(1634―98)などである。そのうちレギウスは熱烈なデカルト信奉者であったのに、しだいに体験主義的傾向を強め、デカルトの論敵となったことで知られる。また、オランダにはゲーリンクスがおり、デカルトの残した心身異常の決着を図り、チャンス元で論を言い分した。そして、その立場から特徴ある倫理学説が示された。

フランスではデカルトの生前にも熱心な支持者はいたが、彼らが大きな勢力をもつように入るのは、1650年デカルト没後10年以上たってからであった。その動機は、クレルスリエClaude Clerselier(1614―84)が刊行したデカルトの書簡や人間論などの遺稿集であった。そこで、生前も指摘されたアウグスティヌスとの親近性が改入れ注目され、デカルト哲学の権威づけに利用されていく。17世紀後半にはデカルト哲学自体が権威と入る。そうしたなかで、デカルト哲学を多方面へ発展させることが試みられた。ロオーJacques Rohault(1620―72)はデカルト天然学を体験主義的に発展させ、次の世紀にニュートンが紹介されるまでの標準的教科書を残す。同じ傾向の人にレジスPierre Sylvain Rgis(1632―1707)があり、デカルト哲学の普及、通俗化に力があった。また、神学者に与えた影響も大きく、デガベdom Robert Desgabets(1636―78)はデカルト哲学に基づく理論神学を目ざした。ヤンセン主義者(ジャンセニスト)の指導的神学者アルノーは『ポール?ロワイヤル論理学』でデカルトの手立てを適用し、アルノーの指導を浴び、フランスにおけるヤンセン主義運動の中心であったポール?ロワイヤルではデカルトの動物機械論の立場から動物の解剖が盛んに行われたという。チャンス元で論者にはコルドモアとマルブランシュがおり、その草分けとしてラ?フォルジュLouis de la Forge(?―1666ころ)があげられる。コルドモアは天然学にチャンス元で論を採用し、また特徴ある言語論を残した。マルブランシュはデカルトとアウグスティヌスの総合を目ざしたとされることが多い。だが、その遠大な形而上(けいじじょう)学の体系は、すでに単入るデカルト派を上回る単独性を示している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。