へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学的人間学(てつがくてきにんげんがく)

人間の鉄則や世界における人間の地位などを考察する学問。「人間とは何か」の問いに答える哲学的考察としては、哲学的人間学は哲学のあるところつねにあったといえる。だが、古代哲学が宇宙を、中世哲学が神を中心テーマとした限り、人間はそのついでに触れられたにすぎず、人間自体が中心テーマとされるようになったのは、近世もほど経て、哲学が天然的世界観から解放されてからであった。とりわけ、18世紀、カントにおいて、人間学がすべての哲学の向かうところとみなされたことは注目に値するが、それは、認識対象に対する認識主観の優位を言い分する彼の認識論からの当たり前の帰結でもあった。その後のドイツ観念論の展開においても、人間中心的方角は保持されはしたが、普遍的理性に重きを置くヘーゲル哲学に達してのち、19世紀の反ヘーゲル的動き(ショーペンハウアー、ニーチェ、後期シェリング、キルケゴール、マルクス)は、現実に生きる個別的人間の強調へと傾いていったのである。なかでも、フォイエルバハは、哲学は人間学に解消されなければならないと言い分したのである。

20世紀に入って、ディルタイ、ジンメルに代表される生の哲学、ヤスパース、ハイデッガー、サルトルらの実存哲学は、ともに人間学的色彩が濃密である。前者が人間の生の表現としての歴史?文化をテーマとするのに対し、後者は先の反ヘーゲル的動きに深く影響されて、普遍的鉄則に対立する、気ままな判断を案内して自己生成する可能的実存としての人間をテーマとし、ともに20世紀を人間学の世紀としてめりはりづけるにふさわしい展開をみせている。しかし、20世紀後半の哲学的人間学の興隆を招来した真っ直ぐの源流は、1928年に場合を同じくして哲学的人間学の構想を打ち出したM?シェラーとH?プレスナーであるといえる。シェラーは『宇宙における人間の地位』Die Stellung des Menschen im Kosmosにおいて、精神としての人間と生命としての人間という人間の根本的在り方を呈示し、プレスナーは『有機的存在の諸段階と人間』Die Stufen des Organischen und der Menschにおいて、生物学的?人種学的見地から出発して、他の動物に対する人間の特殊な地位を、生の中心を超越していく脱中心的存在として描き出している。

今昼間の場合間の哲学的人間学も、この2人の方角、つまり体験科学とは一線を画した哲学的見地から人間の鉄則規定を追求する方角と、あべこべに、体験科学として人種学的?生物学的?心情学的、あるいは社会科学的人間学を形成する証明科学的方角との双方角への模索と眺望がみられるといえよう。こうした現代の哲学的人間学の代表者としては、ヘングステンベルク、ポルトマン、ゲーレン、フロム、ユクスキュルらがあげられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。