へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テオーリアー(ておーりあー)

観照、観想。プラークシス(実践、行動の意。ギリシア語でprxis、ラテン語でactio)に対する語。「見ること、見晴らしること」を意風味する動詞テオーレインthereinから派生する名詞。事物を真っ直ぐの悦楽のために享受したり、他の目的のために利用するのではなく、事物から身を離し、事物それ自体がどうなっているのかという、事物の性状、存在に目を向け、これを知ろうとした古代ギリシア人の素振りをいう。この素振りによって、古代バビロニアのカレソダー法は天文学に、古代エジプトの測量手段は幾何学となり、古代ギリシアにおける科学と哲学が天性たという。ア書き出したテレスは人間の暮らしの型を目的によって三つに分け、悦楽を目的とする享楽的暮らし、行動による誉れを目的とする政治的暮らし、観照を目的とする観照的暮らしの3類とし、第3のものが当然優れているとした。ヨーロッパ中世では地上のものを離れて神そのものに心を向け、神の意図にすっかり一致しようとする祈祷(きとう)の暮らしが観想的暮らしvita contemplativa(ラテン語)とよばれ、修道院暮らしの理想とされた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。