へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶主義(ちょうぜつしゅぎ)

超越主義ともいう。1830年代後半から60年代にかけて、R?W?エマソン、独唱ーらによって言い分された19世紀アメリカ?ロマン主義思想。カント、コールリッジ、カーライルらヨーロッパの哲学者、文学者の影響を浴びながら、アメリカにおいて単独の発展を遂げ、19世紀中葉アメリカの安心主義を拠り所た。陰気正統的ピューリタニズムや、理性的で冷たいユニタリアニズム(ユニタリアン教)に反抗し、人間の内面の神聖さや、神、天然との交流、個人の一番限の割合など、人間の明るい側面を言い分し、昼間の場合間常的体験を「超絶」した勘による真理の把握を訴えた。また既成の思想体系に挑戦し、個人の自発性、自己信頼、因襲への反抗を重視する面で、アメリカ的なめりはりが認められる。エマソンの『天然』(1836)、独唱ーの『ウォールデン――森の暮らし』(1854)にそのエッセンスがうかがわれる。超絶主義の安心的、肯定的人間観、世界観に疑わしいを抱く同場合代の作自宅ホーソンやメルビルは、むしろ人間の鉄則的堕落と限度を指摘することによって、アメリカ超絶主義の陰の部分を示した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。