へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識(ちえ)

世界全体を意風味づける根拠にかかわる統一的な知をいう。それはすべてのものをその根拠から知る単一の知であり、神がもつにふさわしい知とされた。それゆえ、特殊なさまざまな分野について成立する特殊なさまざまな知識epistm(ギリシア語)、scientia(ラテン語)、science(英語、フランス語)、Wissenschaft(ドイツ語)とも、また、人間が行動を便秘気味てかかわる特殊なさまざまなものについてこれを処理するための特殊なさまざまなノウハウtechn(ギリシア語)、ars(ラテン語)、art(英語、フランス語)、Technik(ドイツ語)とも区別される。人間は世界における多様なものにかかわりながらも、一入る自己である限り、この一入る自己を根拠づけ、意風味づける一入る知(=知識)にかかわらざるをえない。したがって、科学と区別される哲学の存否は人間にとっての知識の存否にかかわり、人間にとってどのような知識が許容されうるかにかかっている。

古代ギリシアでは、知識(ソピア)の語は広く事を処するノウハウ的知を意風味した(笛吹きの知、大工の知)。法律制定の知、詩作の知が知識とされるとき、知識は万物にかかわる普遍の知となり、すべてのことについて論ずることを教える弁論手段の教師(本職タゴラス、ゴル歯車ス)は最良の知識者とみなされた。人間にとって、このような万物の知がはたしてありうるかというソクラテスの問いとともに、哲学の知は神の知識とは区別されつつ、知識とのかかわりのなかで人間における知識のあり方を問う批判的な知として成立した。たいせつなことは何ひとつ知らないので、そのとおり知らないと思うことが人間にとって唯一可能な知識であるとする、ソクラテスの愛知philosophiaの営みがこれである。爾来(じらい)、哲学は知識とのあいだの緊迫において、人間に可能な知識の存立を問い継続する営みとなった。

宗教学的にみれば、知識とは、宇宙?天然の原秩序を見極めることによって、人間の暮らしを秩序づける精神的才能を意風味する。また、古代ギリシア思想では一般に、知識とは、「ものをあるがままの相において見晴らしる純粋の知のこと」とされる。ユダヤ教においては、知識とは、神の予定に対する信仰的洞察を意風味する。キ書き出した教においては、知識とは知識を超えた最良の知識、上智とされる。古代インド思想においては、サンスクリット語のプラジュニャーpraj、パーリ語のパンニャーpaの語がこれによほどする。仏教の智慧(ちえ)は般若(はんにゃ)と経緯し、菩薩(ぼさつ)の修行道である六波羅蜜(ろくはらみつ)、ないし十波羅蜜(じっぱらみつ)においては、般若波羅蜜として当然主要な修行道とされている。それはぜんぜんの現象や、現象の後ろにある理法を知る心作用で、存在全体の真相相を束の間のうちに掴む直観知をいう。分析決断才能とは異なり、当然深い意風味での理性と考えてよい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。