へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱領土化(だつりょうどか)

フランスの哲学者ジル?ドルーズと精神科医フェリックス?ガタリが共同で提案した主要概念の一つ。「脱分野化」「脱属領化」「脱余地化」などの経緯語があてられる時もある。「領土化(分野化、属領化、余地化)」、「再領土化(再分野化、再属領化、再余地化)」と三位一体となっているほか、「器官なき身体」「禁欲物欲する機械」「アレンジメント」など、ドルーズ=ガタリが提唱している他の概念とも参照しあう関係にあり、なかでも同じ三位一体の概念である「コード化」「超コード化」「脱コード化」とは、資本主義システム分析のなかでそれぞれ違った役割を引き浴びながら、相互に深く絡まりあったものとして規定されている。

『アンチ?オイディプス』L anti-dipe(1972)のなかで、ドルーズ=ガタリは人種史を「原始国自宅」「専制国自宅」「資本主義国自宅」の三つに分割する視点を示した。ヘーゲルの歴史観を批判的に踏まえたこの分割は、同時に大地→王の身体→貨幣?資本という権力の移行図式にも符合するものとなっており、脱領土化はこの流れにおける第三段階、すなわち、革命や共和制への移行に伴いいったん解放された権力が、貨幣?資本へと再編(再領土化)されていくまでの段階を示した。既存のマルクス主義とは明らかに異質な視点で、人間の禁欲物欲が資本主義システムの呪縛から解放される過程を肯定的に解釈したこの立場は、1968年のパリ五月革命で束の間姿を現したユートピアの鉄則を明らかにした思想として、論壇を騒がせたばかりでなく、多くの読者からも圧倒的な支持を浴びた。この言い分は、「スキゾフレニー」「ノマディズム」など他の概念と絡まりあい、多くの誤読や誤解も孕(はら)んだかたちで「椅子構造主義」や「椅子?モダン」を代表する言説として流布した。その熱狂は約10年後には昼間の時間本にも上陸、浅田彰らのパラフレーズによって「ニュー?アカデミズム」というブームを呼び起こした。

ところで、『アンチ?オイディプス』の実践編とも呼ぶべき『千のプラトー』Mille plateaux(1980)で、ドルーズ=ガタリは数多くの文学作気品や芸手段作気品に脱領土化のモデルを見いだした後、結論では「いったい断然的な〈脱〉というものは存在するのだろうか」と前置きして「断然」や「超越」といった眼差しを排除しつつ、「領土それ自体が、これに内部から作用する脱領土化のベクトルと不可分である」「〈脱〉領土化は相関的な再領土化と不可分である」「大地は〈脱〉の逆ではない」など、脱領土化があくまで領土化、再領土化との三位一体によって成立する相対的な概念であることを再見届けている。脱領土化はけっしてシステムからの逃避を安心的に肯定するだけの概念ではない。それは、資本主義のシステム全般を絶え間ない流動と考える際、その必要の一部をなす概念なのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。