へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱構築(だつこうちく)

「椅子構造主義」を代表するフランスの思想自宅ジャック?デリダの中心思想。デコンストラクションともいう。ギリシアのプラトン、ア書き出したテレス以来の西欧形而上(けいじじょう)学の中心主題は「存在論」であったが、脱構築は、それを解体しようとしたハイデッガーの思想を発展させたものといえる。このデリダの思想はとくにアメリカを中心として世界的に影響を与えている。

デリダはさまざまな概念装置を用いて、議論を立ち上げている。デリダによれば、形而上学は、「ロゴス中心主義」「音声中心主義」「現前(今、ここにある意風味されるもの(シニフィエ)の現前)の哲学」であり、「存在‐神‐論」onto-tho-logieの構造を有し、女性を受動的なものとし統治しようとする「男根中心主義」の根性をもっている。デリダは、こうしたロゴスの左右している「現前の形而上学」を解体しなければならないと言い分する。哲学が伝統的に用いる二項対立(暴力的な階層秩序をもち、それらの項のうち一つがつねに他方より高い地位にある)を「脱構築するとは、何よりもまず、とりあえず一度この階層秩序をあべこべ転するということである」(『ポジシオン』)とする。

つまり「脱構築」の戦略とは、内部と世間部、パロール(音声言語)とエクリチュール(文字言語)、霊魂と肉体などの二項対立の階層秩序を打破し、ずらし、差異を生み出し継続することである。この差異を延ばし継続する運動を、デリダは「差延」diffranceと名づけた。これは「差異」diffrenceからの造語で、発音は同じ「ディフェランス」である。

脱構築の思想はラディカルである。二項対立を決定無茶苦茶なものとすることによって、真と偽、善と悪などは相対化され、何の意風味ももたなくなったとしたらどう入るか。デリダの脱構築は、ロゴスや真理への服従から「記号の差延の戯れ」へと向かうことによって、最終的には「ニヒリズム」を包含するものであろう。

脱構築によるデリダの「テクスト論」は、ロゴス従来の「原エクリチュール」archi-critureをキーワードとする。デリダによれば、テクストの意風味は「意風味するもの」(シニフィアンsignifiant)と「意風味されるもの」(シニフィエsignifi)の「差異の痕形跡(こんせき)の戯れ」(=原エクリチュール)であり、これによってテクストの意風味の決定は無茶苦茶なものと入る。このテクスト論は、とくにアメリカのエール大学を中心とした「デコンストラクションの文学批評」に影響を与えた。ポール?ド?マンPaul De Man(1919―83)は「テクスト批評」ということばを用いて、脱構築批評を目ざした。これは、テクストのみを分析対象とし、ほかの要素は考慮せず、そこから多義的なテクストの読みを探ろうとするものであった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。