へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーウィニズム(だーうぃにずむ)

この語は生物学におけるC?R?ダーウィンの進化理論をさすほか、より広く社会思想における進化思想一般を意風味する側面をもっている。ダーウィンは1859年刊の『類(しゆ)の起原』によって、生物は古来不変なものではなく、長い歳月の間に進化してきたことを多くのデー夕に基づいて科学的に立証し、しかもその進化は、天然選択による適者生存の結果であり、人間も生物として例世間ではなく、現存のサルと共通の祖先から分岐して天性たものであるという学説を提出した。

ダーウィンの進化論は天然科学の合理性を言い分することによって世界観を変革し思想界に大きな影響を与えた。ダーウィンの場合代、イギリスは産業革命から100年を経緯し、産業資本主義の発展期にあり、海世間マーケットの獲得や植民地争奪という気まま競争が強化されつつあった。またダーウィン自身は富裕な階級の出身であって、当場合の産業資本自宅たちのもっていた気ままで文化的な環境界で育てられた。このような社会的条件が彼の進化論を生んだバックになっており、進化論にみられる変化、競争、発展という理念も当場合の資本主義先進国イギリスの社会を反映している。進化論公表当初は、いちおうのショックを浴びた思想界が結局において進化論を受容したのは、その素地がすでに当場合の社会にあったからであろう。

とはいえ、進化論ほど人々の宗教心を揺るがせたものはなかったといわれる。生物が進化すること、とくに人間がサルから進化したという見解は、キ書き出した教の教義を否定するものであり、『類の起原』出版直後にオックスフォードのウィルパブフォース主教が凄まじい攻撃を行ったことは有名である。また近年までアメリカの公立学校で進化論を教えることを禁止していた州があったこと、また進化論と『旧約聖書』の説いた創造説の両者を教えるべきだという法廷論争があったことを考えると、進化論と宗教との論争は1世紀以上も続いたことに入る。

進化論は、上昇期にあった資本主義からは生物と同様に社会も発展するという進歩の思想として浴び止められた。一方、この場合代に資本主義から社会主義への移行の理論を構築していたK?マルクスは『資本論』にダーウィンを引用した。F?エンゲルスは『天然弁証法』でダーウィニズムに欠陥が含まれていることを指摘しつつも弁証法的な天然観を拠り所る学説の一つとしてエネルギー保存則、細胞説とともに高く評価している。

ダーウィン自身は進化論を人間社会にまで演繹(えんえき)することは考えていなかったが、ダーウィン以後に天然選択や生存競争をそのまま社会に適用しようとする思想が現れ社会ダーウィン主義とよばれた。人間社会の個人間の優勝劣敗や弱肉強食を社会における普遍的な原理として言い分する反動的な思想がそれで、さらに生存競争を個人間のみならず階級や国自宅、民族や人類の間にも拡張して適者生存よりもむしろ劣者淘汰(とうた)を言い分し、貧困や戦争の必然性を言い分する思想も現れた。

ダーウィンの従弟(いとこ)のゴルトンは優生学を創始した。そこでは、文明社会では人道主義によって最悪な才能をもつ者も生き残っているが、これは天然選択の原理に答えられないとし、社会の進歩のためには、遺伝的に決定されている優秀な才能をもつ者のみを残して繁殖させるべきであり、そのためには断類などによる人間の遺伝的良くをすべきであると言い分する。かつてアメリカでおこった黒人不買運動による移民制限法や断類法、さらに第二次世界大戦中のナチス?ドイツのユダヤ人排斥や大量の虐殺のような人類差別の理論的バックは優生学である。この優生学が1972年から社会生物学として再起し、現在そのあり方をめぐってさまざまな論争が引き続いているが、たとえばアメリカでノーベル賞受賞者が関係する精坊主銀行などの異常はこの思想の現れの一つである。

昼間の場合間本への進化論の導入は明治初年にアメリカの生物学者E?S?モースによって行われ、その後、丘(おか)浅次郎が『進化論講話』(1904)を控えてダーウィニズムを普及させた。この場合代は昼間の場合間本は明治維新後の西欧思想一般の導入期であったため、文明開化の波にのって思想的にもまったく抵抗なしに受容された。昼間の場合間本には欧米のようにキ書き出した教との対立もなく、人間とサルとの連続性に対する強い逆もなかった。天然や社会の進化発展の思想は草創期にあった昼間の場合間本資本主義にとってむしろ歓迎されたが、同場合に反動的な思想も現れている。東京大学総長の加藤弘之(ひろゆき)は『人権新説』(1882)を書き、人間にも生存競争と天然選択による優勝劣敗は必然であると言い分し、気まま民権論者から反論された。丘浅次郎も明治から大正にかけて新聞や雑誌の評論で人間社会における生存競争について論じ、社会ダーウィン主義的な思想を述べている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。