へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両義性(りょうぎせい)

「二者択一」の逆語で、主知主義か体験論か、観念論か実在論かといった対立的?図式的な処理を断わる根源の分野、いいかえれば、主観―客観、対自―即自の固定的な対立を越えた、根源の生という基盤的分野をめりはりづける。メルロ?ポンティは、人間的現存在が「対自か即自かの二者択一」を越えることを言い分し、フッサールのいう「指向性」そのもののなかに、意識の生が自己のうちにとどまらずに世間に出てたつ「実存」existenceの構造があることを指摘する。意識は確かに単入る物(即自)ではなく、主観的?対自的な超越の作用であると同場合に、存在者(客観?即自)に向かい、存在者のもとにあるものとして「両義的」である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。