へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量(りょう)

質と対立して用いられる概念。物質がもつ性質は一般には「質」であるが、そのなかで比較によって順序づけができる形に表されるものを量という。色は通常は質であるが、それを波長の幅で表せば、比較による順序づけが可能に入るがゆえに量である。一定の単位に追随して表され、単位による量の表現の規定を計量metricとよぶことがある。

量は、計算によって客観的に比較できるために、質による表現よりも天然科学の手立てのなかに取り込まれやすい。量に訴えて事物を表現する手立てを定量的とよんで、定性的と区別する。天然科学では定量的手立てが好まれるが、それは、演繹(えんえき)体系としての数学の確実性を利用するのに、定量的手立てが便利だからである。しかし量的に表現されたものが、一番条件で数学的な表現に載るとは限らない。20℃の水と40℃の湯を補充しても60℃にはならないのであるから、容易な四則演算でさえ、量の解釈と定式化にはさまざまな制限があることは用心しておいてよい。

インド哲学および仏教でいう量は、認識、その術と根拠をさす。広い意風味の論理とそれに基づく知恵と考えてよい。

弁証法的唯物論には、量から質への転換という基本法則がある。比較可能な量の差が一定の限度を上回ると、比較の無茶苦茶な質の差に変化することをいう。

形式論理でいう量とは、命題の性質であって、全称、単称の別をいう。記号論理でも、述語論理における「量化記号」quantifierという概念にそれが残っている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。