へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想起(そうき)

プラトン哲学の用語。知恵と人間の霊魂の本来の関係を説き明かす説話(ミュートス)の一つ。人間の霊魂は初め別の世界にあり、そこで真相在(イデア)をみて、その知恵をもっていた。しかし、肉体の内になることによってその知恵を忘却してしまう。そこで、この世で肉体の感覚を便秘気味てみるもののなかに、霊魂が従来にみた真相在に種似するものをみいだし、従来にもっていた知恵を想(おも)い出してゆくプロセスが想起(アナムネーシス)である。それは、霊魂の本性に植え付けられている真の知恵を霊魂が回復してゆくプロセスであり、学習は本来の意風味ではすべて想起であり、哲学はこの想起の道筋を与えると説かれた。プラトンの中期の対話篇(へん)『メノン』『パイドン』『パイドロス』のなかにみられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。