へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折衷主義(せっちゅうしゅぎ)

折衷とは一般にあれこれと適当に取捨することで、思想、見解、意見などの相異なり矛盾する要素までも選択しまとめることをいう。思想、哲学上の見解は古来多様であるから、なんらかの折衷はその歴史とともにみられる。しかし、その傾向が顕著になったのは、独創性、創造性を無くした古代ギリシア末期のヘレニズム時代の哲学においてであり、早くもその序盤の中期ストア学派(セネカら)、そして、とくに後半のアカデメイア学派(ラリッサのフィロン、キケロら)やア書き出したテレス学派(ローマのアンドロニコス)などにも著しく、度々一括して折衷学派ともよばれる。

近代では先進国イギリスの思想を摂取したフランス、ドイツなどの啓蒙(けいとっくに)哲学にもその傾向がうかがわれるが、とくに、19世紀フランスのV?クーザンは哲学史の授業という目的にも促されて古今の思想の折衷を試み、「折衷主義」の代表者と目された。また、たとえば本職テスタントとカトリックのように相異入る神学の折衷はシンクレティズムsyncretism(混合主義)とよばれ、宗教的折衷主義であり、神仏混淆(こんこう)などもその一例といえる。

折衷、混合はいずれも創造性の欠如と稚拙さ、安直と姑息(こそく)、皮相性などを意風味する侮蔑(ぶべつ)的含みをもつ。しかし、程度の差はあれ、思想や哲学的見解が他の立場や伝統的遺産の取捨選択のうえに成り立ち上がる総合的営為である限り、総合と折衷との現実の区別は発見しにくい時もある。無料し、独創的で正しい総合は、他の見解との異同が細部にわたって明らかであり、自己のまめ基準に基づく批判的精神と新たな洞察を宿す点において、単入る折衷や混合とは異入る。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。