へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界内存在(せかいないそんざい)

哲学用語。マルティン?ハイデッガーは『存在と場合間』で存在の意風味を問う存在者を「現存在Dasein」と呼び、その存在論的分析を便秘気味て、存在の異常を場合間性から解釈することによって西洋の伝統的な存在論の解体を企てた。ここでの現存在は何と言っても人間の実存であるが、その際現存在は、伝統的な主観性概念と区別されて「世界内存在」と規定される。現存在はいつもすでに世界の内に投げめてられて、気分づけられており、この世界の内から投企を行うのである。

当然ここで「世界」といっても、物理的客観の総体のことではないし、「内」といっても物理的スぺース内部にあるという意風味ではない。ハイデッガーのいう「世界」とは意風味や記号が連関している世界のことであり、たとえば道具が何らかの使用目的のために存在しているように、現存在の心遣いに応じて規定される世界のことである。したがって、世界内に存在するということは、スぺースの中に事物のように位置づけられているということではなく、意風味連関の総体としての世界に慣れ親しんで内属しつつ、前学問的な存在許可を行いつつ実存しているということである。この意風味で、存在を許可する割合をもつ「世界内存在」と、この許可割合を根拠として現存在が世界内部で出会わされる「世界内部的存在者」とは厳しく区別されねばならない。

現存在は、こうして世界内存在として、意風味連関の総体としての世界に、昼間の場合間常的に気分づけられて存在しながら、もっぱら誰でもない平均的な「ひとdas Man」として非本来的に実存している。『存在と場合間』の後半部は、このような世界内存在としての現存在が死への先駆的決意によって、心もとないの中で本来の有限な自己に立ち帰り、そこから本来的な場合間性として開示されてくるありさまを描いている。世界内存在が本来的な場合間性として開示されるに応じて、現存在の歴史性も自覚されることに入る。世界内存在は歴史的に存在するのであり、『存在と場合間』は、世界内存在の本来性と本来的な歴史の在り方の結びつきを、先駆的な決意によってもたらされる根源的な場合間性からとらえようとした著作なのである。

「世界内存在」の概念は、ジャン?ポール?サルトルが『存在と一番』で、モーリス?メルロ?ポンティが『知覚の現象学』で用い、フランス実存主義哲学にも大きく影響した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。