へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命論(せいめいろん)

生命をどのような存在とみなすかについての理論的、体系的な考察をいう。古代ギリシアにおいては、デモクリトスらの原坊主論者が機械論的な生命論を展開し、生命は一番機的な原坊主が偶然に結合することによって生じたものとした。それに対してア書き出したテレスは、事物はそのものの本性を現実になる目的論的プロセスにあり、たとえば植物の時は、類坊主が発芽し、発育開花するのが、それにあたるとした。そのプロセスは機械論的な原理によって生ずるのではなく、目的因によって方角づけられているものとされた。古代?中世を便秘気味てア書き出したテレスの見解がヨーロッパでは統治的であった。

近代科学が誕生すると、機械論的天然観が統治的になり、生命は機械的プロセスに還原因きるとする考えが有力になった。しかし、生物には一番機物とは違った原理が存在するという見解も繰り返し言い分され、機械論と目的論の関係をどう考えるかは深刻な異常となり、それと関連して生気論や全体論とよばれる見解も言い分された。しかし今昼間の時間では、多くの科学者は機械論的な見解を支持している。生命観ということばを生命論の意風味で使用することもある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。