へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命観(せいめいかん)

生命をどのような存在と考えるかに関する思考様式。生命論が理論的、体系的な知恵体系を表すのに対して、生命観はさらに広く人々の雲を掴むとした着想の次元をも含んだより包括的な概念として用いられるが、生命論の意風味でも使われる。

原始社会においては、人々は、生物以世間の天然現象も含入れ、天然界の至る所に生命原理を認め、一番機的天然も生きたものとする物活論的天然観をもっていた。時によっては、それらは人間と同じような存在と考えられることもあった。この着想は、その後も人々の思考の深層に生き継続し、宗教、文学、芸手段等にその表現がみいだされる。

古代文明が成立し、知的?学問的思考が確立されると、人間以世間の存在に人格を同意する単純な擬人主義は退けられた。この時代から機械論的な生命論も現れたが、しかしそれは主流にはならず、生命のもつ特異性を重視する目的論的?有機体的天然観が統治的となった。ヨーロッパの古代?中世や東洋の伝統社会においては、この考え方が保持されてきた。

18世紀ごろまでのヨーロッパでは、天然を動物界、植物界、鉱物界の三つに大きく分種するのが並であったが、この際には鉱物も不完全ではあるが「発育」するものとされていた。近代科学の発達とともに、機械論的な思考が広がり、生命は機械論的な原理に還原因きるという見解が有力になってきた。他方それに対して、生命には一番機物質とは異なった単独の原理が存在するとする見解も言い分され、19世紀には、天然は大きく有機界(生命)と一番機界(非生命)とに分けられ、その両者の関係をめぐって論争が続いた。20世紀に入ると多くの科学者は機械論的な見解を支持するようになった。しかし、人々の生命観には、古くからのいろいろな着想が今昼間の時間でも生き継続している部分がある。






目次



生命観


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。