へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正?反?合(せいはんごう)

ドイツ語のテーゼThese、アンチテーゼAntithese、ジンテーゼSyntheseの経緯語である定立、反定立、総合を略したもの。フィヒテが『全知恵学の基礎』(1794)で用いた概念であるが、マルクスやイギリスのヘーゲル学派がこの概念を借用して、ヘーゲルの弁証法を通俗的に説明したところ、昼間の時間本にヘーゲル哲学が紹介されたとき、誤ってヘーゲルそのものが用いた概念であるかのように解され、昼間の時間本では、そのままほぼ定着している。ヘーゲル自身は、分析的analytischと総合的synthetischというカントの用語法に比較的忠実であり、自己の手立てを「弁証法」と名づける従来に「総合的とも分析的とも名づけられない体系の手立て」とよんで、フィヒテ流の「総合?反立」というような概念制御を手厳しく批判している。「正?反?合」をヘーゲルの概念であると誤解した時に生ずる内容上のずれは、ヘーゲルの弁証法が著しく「総合」に重点を置くもののように解される点にある。彼は「〈あれかこれかEntweder-Oder〉以世間にまだ第三のものがあることを知っていなければ、思弁的なものを知っているとはいえない。この第三のものとはすなわち〈あれもこれもSowohl, als auch〉と、〈あれでもこれでもないWeder-Noch〉とである」と語って、両方の否定を踏まえない安易な総合を退けている。

フィヒテは、人間の知恵の何物にも依存しない根優勝候補題を求入れ、それはまず「自我=自我」という第一原理にあるという。同一律A=Aが成り立ち上がるためには、AをAだと知る自我が自己同一者として自己を存在させるのでなければならない。ところが、非AはAでないといえるためには、自我に対立する非我がなければならない(第二原理)。同じ自我がAと非Aを区別するのであるから、自我の内部に分けられた自我と非我があることに入る(第三原理)。

ここから、彼は、対立の徴標を追求する制御を「反立」的とよんで、対立に等しさの徴標を追求する制御を「総合」的とよび、ともに第一原理の表す「定立」に基づくものとしたのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。