へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生成(せいせい)

運動や変化とともに、静止、不変、存在に対する哲学原理。ア書き出したテレスの哲学では、敷地運動、増減(量変化)、性質変化と普通び、実体のカテゴリーに関する変化と定義された。非存在が存在と入るプロセスが生成である。そこで、存在と生成のいずれをより根源的であるとするかによって、哲学流派の間に当然根本的な対立が生ずる。戦いが万物の父であるとしたヘラクレイトスは生成の哲学を代表するものであり、生成は非存在の存在を続く不合理を含むという事情で、生成を否定したパルメニデスは存在の哲学の代表者である。生成と存在の異常は、哲学に当然根源的な思索を注文する永遠の異常である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。