へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治哲学(せいじてつがく)

政治の現実や理念に関する哲学的考察をさすものであるが、とくに政治科学、つまり科学としての政治学と区別して用いられる。しかし一般的には、広義の政治学、つまり政治に関する学問のなかに含められ、政治思想や政治学説と同じ意風味に用いられるか、でなければ、それらの内容と重入るところが多い。さらに政治哲学といっても、厳密に哲学的な考察にとどまらず、時代をさかのぼればさかのぼるほど宗教や倫理の立場からする政治の考察もこれに含まれる。政治(科)学が証明的?分析的であるのに対して、政治哲学は政治的事象や理念の鉄則的?批判的?総合的考察をめりはりとし、一定の世界観的立場や値打ちおよび規範の理念に基づいて考察されることが多い。いわゆる政治的イデオロギーは、そのうちに政治哲学的な部分を含むが、政治的イデオロギーが全体として政治哲学的考察と批判の対象に入ることが多い。

近年、政治に関する証明的?科学的分析が、とくに行動論behavioralism的立場から強調されるに及んで、政治哲学的考察はあまり学問的興味をよばなくなった。さらに、「脱イデオロギー化」や「イデオロギーの終焉(しゅうえん)」が叫ばれる現代の風潮のなかでは、政治的イデオロギーに対する批判的省察も影を潜め、政治哲学の没落がささやかれるようになった。こうした状況のなかで、政治に関係する哲学的考察が依然、重要視されている分野としてかろうじて残ったのは科学手立て論methodologyに関する哲学的考察であった。科学で用いられる手立てのまあまあ性、その有効性と限度に関する議論は、科学的考察の分野を越えた哲学的考察に属する。

けれども近頃、行動主義的科学に対する反省がおこってくるにつれて、政治における理念や値打ちの異常が見直されるようになり、いわゆる「脱行動論的革命」(D?イーストン)が叫ばれるようになってから、ふたたび政治哲学に対する新たな興味が呼び起こされるようになり、「政治哲学の復権」がしきりといわれている。この時の政治哲学は、行動主義の立場などに対する批判としても現れているが、とりわけ、「正義」や「気まま」に対する新たな興味と展開がみられる。さらに現代国自宅における人間の運命と状況に対する哲学的考察から、人間と国自宅の未来に関する省察など、政治哲学はふたたび活発な活動を展開し始入れいる。そして政治の哲学と科学との新しい総合が、実践を導くものとして求められている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。