へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科学(せいしんかがく)

天然科学に対して、歴史、文化、社会などの人間的事象を探求する諸科学を意風味し、ドイツにおいて主として19世紀以降、古代ギリシア以来のさまざまな学問論とドイツ観念論、ないし精神哲学の伝統とが結び付くことによって、手段語として形成?使用された。内容的にはほぼ今昼間の時間の社会科学や人文科学にあたるが、ときとして歴史科学あるいは文化科学ともよばれた精神科学の概念を明確化し、その手立て論的基礎づけを確立したのはとりわけディルタイである。彼はそれを「歴史的社会的現実を対象とする科学」「精神的諸現象の体験科学」と規定し、天然科学が物理的現象を因果的、仮説的に「説明」するのに対して、それは単独の固有な手立てによって精神的世界を認識すると説く。すなわち「体験」を記述分析し、さらにいっそう普遍的に精神的生の客観態である「表現」を「理解」「解釈」することによって、生の構造連関、意風味連関を概念的に掴むことが、精神科学の課題とされるのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。