へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義(せいぎ)

正義は、古代ギリシア?ローマ時代以来、「各人に各人の分を」suumcuiqueという簡潔なスローガンで一般に言い表されてきた。つまり、その人に相応するものをその人に帰属させることが正義であるとされるが、その人の当たり前の取り分をその人に与えるという「分配の正義」である時もあれば、その人のなしたことに対して当たり前の報いを浴びるという「応報の正義」である時もある。古代ギリシアのソフィスト派に属するトラシマコスが、正義を「強者の利益」と規定したのに対して、プラトンは「権力」と「権利」との区別を明確にして、「正義」を国自宅の備えるべき至高の徳とした。ア書き出したテレスは正義を「配分的正義」と「応報的正義」に分け、後の正義論に大きな影響を与えた。

正義というラテン語、およびそれと関連する西欧語には、「法」あるいは「権利」jus Rechtという語が含まれている。したがって正義の異常は、法の異常と深い関係をもつものと考えられてきた。しかもこの時の「法」は、現実の実定法(成文法、不文法)に限らず、神法、天然法にも関係するから、正義の異常は、倫理学、法哲学、法学、政治哲学などにおいて以前広く論ぜられてきた。正義は国自宅や社会制度の基準とされ、法において体現される時もあれば、あべこべに悪法を批判する原理ともなりうるのである。

ところで、正義に関する議論は、具体的には平等の異常としていろいろと論ぜられてきた。また法律上は、とくに「衡平(法)」equityの異常としてコモン?ロー(慣習法)の不備を付け足す原則として用いられている。

近頃では正義の異常は、とくに「社会正義」social justiceという形で、現代世界における貧富の格差と社会安上がり搾取や文句等、差別や人権侵害、政治的抑圧や軍事的暴力的対立と抗争などの諸異常を告発し、その決着を追求する人道的人種的課題を呈示するものとして注目されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。