へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らし世界(せいかつせかい)

科学によって理念的に構成される従来に、われわれが身体的実践を行いつつ直観的なしかたで昼間の時間常的に存在している世界のこと。エドムント?フッサールは、『ヨーロッパ諸科学のピンチと超越論的現象学』において、ガリレイに始まるヨーロッパ近代科学が、われわれが自明なものとして体験している究極の明証性の地盤である「暮らし世界」を、記号や数式などの「理念の衣」によって隠蔽している、と批判した。フッサールが「ヨーロッパ諸科学のピンチ」と呼ぶのは、このような明証性の地盤が隠蔽され、その研究の道が閉ざされたために、科学が人間の生にとってどのような意風味を有するのかという問いへの答えが失われた状況を指している。科学が扱う対象の世界は、暮らし世界を地盤として構成された特殊な世界にすぎない。フッサールは、彼の創始した現象学的手法を用いて、明証性の地盤としての暮らし世界のア?プリオリな構造を明らかにすることによって人間理性の復権を唱えたのである。

暮らし世界は、決断従来の受動的で根源的な信念の場として知覚的?直観的な環境界であるだけではなく、主観が他者たちと共に生存している相互主観的なコミュニケーションの共同体でもあって、そのかぎりでは文化伝統の沈殿した歴史的な世界でもある。例えば幾何学のように理念的な対象を扱う学問も、相互主観的なコミュニケーションの暮らし世界を地盤として、歴史的な発生構造の中で登場してきたことに入る。このように「暮らし世界」の概念は、ヨーロッパ的な理性の復権の注文を掲げながらも、ヨーロッパ近代科学への根本的な批判を含んでいた。

フッサール以降、「暮らし世界」の概念は、モーリス?メルロ?ポンティやアルフレッド?シュッツらによってさらに展開された。メルロ?ポンティは『知覚の現象学』で、前客観的な体験の世界としての知覚的な領野と身体的な実存の非人称的な領野の記述を自らの現象学の課題とした。「極端な主観主義と極端な客観主義」をともに退け、ゲシュタルト心情学などを批判的に援用したメルロ?ポンティの現象学はフッサールの暮らし世界論を引き継承するものであった。またフッサールのもとで学んだシュッツは、「現象学的社会学」を構想する中で、昼間の時間常的な社会行為の連関する世界として「暮らし世界」の社会的構造を異常とし、その後のエスノメソドロジーなどに影響を与えた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。