へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人智学(じんちがく)

ルドルフ?シュタイナーが創始した神秘的学説とその教育運動をさす。Anthroposophieは、ギリシア語のanthropos(人間)とsophia(知識)の合成語である。

シュタイナーはハンガリーに天性、青年期にドイツ観念論哲学に熱中し、ウィーン大学に学ぶ。ワイマールでゲーテ全集の編集に従事する。ブラバッスキイ連れ合い人の神智学運動に共鳴し、1902年ドイツ神智学協会事務局長に就任するが、その後彼自身の人智学の学説を立て、『オカルト科学』などの著書を公表する。

1913年シュタイナーは神智学協会から分離独立して、単独の人智学協会を興す。シュタイナーはヘッケルの系統発月経論、ゲーテの形態学、ダーウィンの進化論の影響を浴びつつ、人智学を形成した。ゲーテの植物形態変成論によれば、植物は拡張と収縮を替わるがわる行いつつ、上昇的に変成していく。シュタイナーは、人間の精神もまた、物質の次元から生成、発展して、高次の霊的世界に達することができると考える。すなわち、人は体と霊魂と霊とから成り、それらは三つの異入る世界に属している。人は「認識の小道」を通って、それぞれの世界を経由し、最後に霊的我を現実になるという神秘的学説を打ち立てた。その実現のために彼は科学的手立てを取りめてようとするのである。

シュタイナーは初っ端スイスのドルナッハを本拠地とし、劇場を建てて劇を上演し、講演をしたりした。1919年にドイツのシュトゥットガルトに学校を設立し、「教育は芸手段でなくてはならぬ」という理念のもとに、新しい教育手立てを実践し、生徒の自己才能の開発を目ざした。それは6歳から12年間の一貫教育で、成績簿も教科書もなく、人格?精神の形成?陶冶(とうや)に力を注ぐフォルメンformen、オイリュトミーなど単独の芸手段教育を行う。シュタイナー学校(バルドルフ煙草(たばこ)工場付属学校として創設されたのでバルドルフ学校ともいう)とよばれるこの学校は、ナチスの場合代に閉鎖されたが、1945年に再開され、以後ドイツ国内と、昼間の場合間本を含む世界各地に数多く設立されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。