へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生観(じんせいかん)

人生とは何か、あるいは人間はいかに生きるべきか、という異常に対する、意識的あるいは一番意識的な総体的見解をいい、度々「世界観」と対(つい)をなす用語として使われる。人生観ということばの発生は、明治末年から大正場合代(19世紀末~20世紀初鶏冠)にかけてのことであると思われるが、これは個人の気ままの自覚の結果である。つまり、各人は、自己の気ままと責任とにおいて先の問いに対しておのおのの答え、あるいは見解をもつことが可能であり、またもたなければならないという、人生に対する見方や値打ちづけの仕方の多様性とそれを選択する個人の気ままが前提とされるところに、初入れ、人生観という用語が生じてきたのである。

この結果、過去および現在のさまざまな人生観の自覚的反省ないし検討ということが、当たり前、人々の意識に上ってくることと入る。このような見方からすれば、人生観には、悲観主義と楽天主義、現実主義と理想主義、体験主義と合理主義、唯物論と唯心論、一番神論と有神論といった二元的な対をなすさまざまな種型が考えられるとされ、各人はおのおのの気質と根性、場合代と環境界とに応じてこのうちから自己に適するものを選び取り、自らの人生観を落成、成熟させ、また、させるべきものであるとされるわけである。

しかしながら、個人の大幅な気ままと落成の割合を前提とするこのような見解、そしてまた、それと表裏一体といってもよい関係をもつ人生観という用語は、いずれも大正デモクラシーと大正教養主義というバックと密接な関連をもって初入れ可能となったものである。このことが、このことばを、その後社会科学的イデオロギー批判や精神分析といった人間の思考の群れ的、そしてときに一番意識的な決定要因を強調する考えの洗礼を浴びた今昼間の場合間のわれわれに、いささか古臭いものと感じさせるおもな要因になっていると考えられる。とはいえ、このことは、人生観の異常を、単純に場合代おくれの、ないしはたかだか私用な興味事にすぎないものとして放置してよいことを意風味するものではすこしもない。決定論的要因の網の目が、いかに厚く密入るものであろうとも、なんらかの自発性なしに人間は人間でありえず、また、当の網の目を自覚化する営みそのものが、つまるところは自発性と気ままへの希求に発するものと考えられるからである。個人的な人生観と、普遍的な哲学や学問の認識との相互検討と歩み寄りが、今後の課題となろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。