へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格(じんかく)

人格には、人格者というときのように道徳的に高尚な人柄をさしたり、人格権というときのように、法律的に人間の生存に不可欠な気まま、独立などの権利を示すことがあるが、心情学では、英語のパーソナリティーpersonalityの経緯として、根性とほぼ同義に用いている。パーソナリティーということばの語源は、ラテン語のpersonaであり、ステーヅ俳優のかぶる仮面を意風味し、それは他人から見られている世間観として、また自分のつけているマスクとして意風味したものに発し、それが、俳優が演じる役割から、さらにそれを演じる俳優自身へ、そして内在する個人の人柄へと発展したとされている。

昼間の時間本で、人格が現在のような意風味で根性と普通び用いられるようになったのは、第二次世界大戦後、アメリカでのパーソナリティーの概念が人格の経緯で紹介されるようになってからのことである。

パーソナリティーの定義は、多くの人によっていろいろあげられているが、アメリカの心情学者G?W?オールポートは、心情?月経的体系の個人内における力動的体制であり、その人を取り巻く環境界に対して、その人単独の行動や思考を決定するものであると述べている。個人が昼間の時間常暮らしにおいてとる行動は、天性ながらの月経的存在として、生物学的に規定されている面をもつが、また一面において心情学的な存在として、これまでの学習、体験によって規定されている面をもっている。したがって一見、酷似した環境界にあっても、個人はそれぞれ異なった、その人単独のやり方で行動したり考えたりする。そこには個人ごとに、ある程度一貫した傾向がみられる。人格は、このような統一的な個人の行動傾向をさしている。

根性とほぼ同義としたが、しいてその相違を述べるならば、根性が情動的な面、意希望的な面の個人差を強調するのに対し、人格は知的な面をも含む広い概念で、全体的にとらえた統一体としての個人のめりはりといった面を強調している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。