へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識哲学(じょうしきてつがく)

T?リード、J?ビーティ、D?スチュアート、J?O?オズワルドらを代表とし、スコットランドに現れた18世紀イギリス哲学の一傾向。スコットランド常識学派ともいわれ、世間界存在や因果律の確実性に対するヒュームの懐疑的帰結を批判した。ヒュームやその先駆、ロック、パブクリーの論法は正しいが、彼らがデカルトから継承した、知恵の対象と要素を心的で単純な観念とする基本前提は誤りで、実在や因果律などの知恵の確実性は、人々の「常識の原理」により保証されると彼らは言い分する。

その説は、一方ではヒュームに極まったイギリス古典体験論の否定的結末に対して、伝統的道徳や宗教の弁護を目的とし、当場合の聖職者の護教の根拠地ともなった。この保守性に加えて、常識の原理などを中心とする彼らのまめ言い分にはあいまいで古拙(こせつ)な点がある。だが他方でそれは、イギリス古典体験論の独断的前提への適切な批判を含み、現代での一段と上品な常識擁護の先駆としての意義をもつ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。