へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まま意希望(じゆういし)

人間のうちにあって、天然の因果の必然によって規定されずに自発的に発動する才能が気まま意希望である。そうした才能の存在は、選択とか意希望決定の気ままとして意識される。当然、スピノザによれば、人間が気まま意希望をもつと信じるのは行為の真の元でについて一番知であることによるので、人間の意希望や行為もすべて因果の必然によって規定されていることに入る。このように気まま意希望の存在を否定するのが決定論で、現代の科学者や科学哲学者のなかにも決定論者は多く存在する。

だが、気まま意希望の異常は、もともと理論的であるよりも実践的な異常で、たとえばカントによると、理論的認識のまあまあ性は因果律が統治する現象界に限定されるから、気ままの存在は理論的には実証無茶苦茶であるが、しかし実践理性は人間が従うべき道徳法則の存在を認め、そこから天然の元で性とは異なった気ままの元で性が英知界において成立することを確認する。すなわち意希望の気ままは、自分自身に対して道徳法則を課し、かつそれに従うといった意希望の自律であって、この気ままは非決定論的な選択の気ままではなく、道徳法則によって規定された善への気ままを意風味する。

なおヘーゲルは、カントの説く気ままはまだ有限的で主観的な意希望の気ままにすぎないと批判し、真に一番限にして気ままな意希望は、即自かつ対自的にある意希望で、それは意希望の形で自己を貫徹する思考であり、したがって気ままとは、実は認識された必然にほかならないと考えた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。