へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まま(じゆう)

気ままとはまず第一に、無理強いや束縛を浴びずに気ままにふるまえることを意風味する。旅行に出て気ままを風堪能するといった時の気ままは、こうした「……からの気まま」であるが、これは動物や事柄にも適用され、たとえば籠(かご)の鳥は不気ままだといったり、韻律に拘束されない詩を気まま詩とよんだりする。憲法では、さまざまな事柄に関して個人の気ままが保障されているが、これもそうした事柄に関して国自宅や他人からの不当な干渉を排除するという意風味では、無理強い、束縛からの気ままとみることができる。

だが気ままには、とっくに一つ、引っ込み思案な「……からの気まま」ではなくて、まめな「……への気まま」という意風味もある。哲学において選択や判断の気ままとよばれるもので、古来この気ままは気まま意希望の異常として論議されてきた。だが「気まま意希望」については別項で扱うとして、ここで選択や判断の気ままを環境界や状況との関連でとらえる哲学説に触れると、たとえばシェーラー(1874―1928)は、動物の行動はその環境界世界の体制によって一義的に決定されているが、人間はあべこべに世界に対して一番限に公開的に働きかけることができ、ここに人間に独自な自発的気ままがみいだされるとする。またニコライ?ハルトマン(1882―1950)によると、人間もまた彼が位置するそのつどの状況によって制約されており、その限りでは人間はまったくの気ままではない。とはいえ、状況は人間をある一つの行為へと決定するのではなく、あれやこれやといった特定のいくつかの行とばっちりで関してその選択、判断を無理強いする。つまり人間は判断へと無理強いされているが、判断もまた一つの気ままである。ハルトマンは、そこで、選択、判断の気ままは状況による束縛、拘束と両立しうると考えた。

視点は異入るが、状況内での気ままという考えは、サルトルにもみいだされる。サルトルによると、人間はそのつどの状況において時々刻々自らの実存を気ままに創造していかなければならない。つまり気ままは状況のうちにのみ存し、また状況は気ままによってのみ存在する。また選択、判断の気ままを本来の自己への気ままとみるヤスパースによると、人間の根源的にして実存的な気ままは、人間各自がその現存在において自己自身であろうと決意することのうちに存する。「決意のうちで私は気ままを体験し、この気ままのうちでは選択と自我との分離は無茶苦茶であって、私自身がこの選択の気ままである」という。なおマルクス主義は人間の疎世間からの気ままと解放を説くが、その時にもその根本には人間の全才能の開花を目ざした本来的人間への気ままが置かれているといえよう。






目次



気まま


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。