へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋体験(じゅんすいけいけん)

理知的な反省が加えられる従来の真っ直ぐ的な体験、すなわち、あとからつけ加えられた概念、解釈、連想、構成などの不純な要因をあたう限り排除することによって得られた原初的な意識コンディションをさす。おそらくは幼児がもつと思われる、自と他、物と心といった区別が生ずる従来の未分化で流動的な意識のことをいう。

この純粋意識を基礎に置く哲学には、マッハおよびアベナリウスの体験批判論、ジェームズの根本的体験論、ベルクソンの純粋持続の哲学などがあげられる。これらは証明主義から形而上(けいじじょう)学までその立場に相違はあるものの、新カント派などにみられる主知主義的傾向およびデカルト以来の物心二元論に対する根本的な批判の姿勢を持つことにおいて軌を一にする。とくにジェームズは、純粋体験を当然基本的な実在としてとらえ、ぜんぜんの観念や理論をこの真っ直ぐ所与、多即一の流動的実在から説明しようと試みた。わが国では西田幾多郎(きたろう)が、ジェームズや禅仏教の影響下に、主客未分、認識とその対象とがまったく合一した意識コンディションを純粋体験と名づけ、それを自己の哲学の船出に据えた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。