へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実在論(じつざいろん)

哲学上のリアリズムrealismの経緯語。認識論の考え方で、意識、主観とは独立の客観的存在を認め、それを正しい認識の目的、基準とする立場。観念論と対立するが、普遍概念の実在を同意する意風味での実在論はかならずしも観念論と対立しない。すなわち、個々の机や三角形の図形などの個物に対して、机一般、三角形一般などの抽象的普遍概念の実在を同意する立場も実在論とよばれるときがある。しかし、それは体験的実在としての個物とは異なった、超越的、観念的対象を同意する点では観念論的である。そこで、この傾向には、個物以世間に普遍の実在を認めない唯名(ゆいめい)論に対立する用語としての「実念論」という名称が適切である。普遍の異常を別にして、実在論には次のような立場と異常が指摘される。

〔1〕素朴実在論 知覚、体験をそのまま実在と考える立場。素朴な形而上(けいじじょう)学的唯物論などにみられる傾向だが、心情的な「錯覚」などに基づく真っ直ぐ所与(しょよ)の主観性、相対性を事情に疑わしい視されることがまれでない。

〔2〕科学的実在論 色、匂(にお)い、寒暖などの主観的な第二性質の後ろに、実在の客観的性質として物理的な延長、固体性、運動などの第一性質を考える傾向(ガッサンディ、ロックら)があり、認識の近代科学による説明と物質の機械観的な考察の進展に応じて有力となった。しかし、体験的対象としては、第一性質が第二性質と同様に主観と相対的なことも明らかであり、延長や運動それ自体は体験からの抽象の所産である。しかも、科学的探究は実在的性質の定義を不断に変化させる。以上の点で、この立場も異常をもつ。

〔3〕カントとそれ以後の立場 そこで、さらにカントは第一性質も含めた体験的認識の全対象を「現象」として、その後ろに認識の割合を超えた「物自体」を想定した。カント以後の多様な実在論の立場は、物自体という異常の概念をめぐって天性たともいえる。さらに19世紀から20世紀にかけて、ヘーゲルを頂点とするドイツ観念論への反動、批判として、全ヨーロッパに色々な実在論、証明主義の立場が生じた。カントをいちだんと実在論的に解釈しようとする新カント学派のある者(A?リール、N?ハルトマンら)、唯物論、模写説を言い分しながらも、素朴実在論と客観の静的な認識という考えを破棄して、動的な科学的実在論の立場をとる弁証法的唯物論などがその例である。

〔4〕現代英米哲学の実在論 以上のヨーロッパ大陸、とくにドイツを中心とした流れのほかに、英米に有力な現代実在論がある。すなわち、20世紀初鶏冠のケンブリッジ分析学派(ラッセル、ムーア、ウィットゲンシュタインら)は、イギリス?ヘーゲル学派の観念論への批判として台鶏冠し、アメリカの現代実在論とともに新実在論とよばれる。後者は共同論集『新実在論』The New Realism(1912)を刊行したペリー、スポールディングら6人の見地で、彼らはプラグマティズムの真理観も主観的と考え、抽象的対象も含めた広義の客観が意識から独立であることを認め、それと世間的関係において認識は成り立ち上がると考えた。以上は一括して批判的実在論ともいわれるが、この名称は、狭くはイギリスのヒックスと、とくに『批判実在論論集』Essays in Critical Realism(1920)を共同探求の成果として刊行した7人のアメリカ哲学者(サンタヤーナ、ラブジョイら)をいう。彼らは主観主義の誤謬(ごびゅう)を指摘するとともに、ペリーらの極端な実在論も批判し、知覚作用、性質複合としての所与、知覚の対象の三者の区別と存在を同意する。

プラグマティズムも一類の体験的実在論といえるが、さらにケンブリッジ分析学派の影響を浴びた論理証明主義、また同学派のムーアと、後期ウィットゲンシュタインの流れをくむイギリス昼間の時間常言語学派の傾向は、体験的実在論としてもきわ入れ大切な論点を宿す。論理証明主義は、実在論と観念論および両者の対立そのものが、言語の用法の混乱から生ずる形而上学的擬似異常と考える。また後期ウィットゲンシュタインは、世間的対象の実在の確実性はもはやその物証の底がつき、正当化を不要、無茶苦茶とする生(せい)の根源的形式と考える。また昼間の時間常言語学派のなかには、哲学用語による非昼間の時間常的な抽象的概括化を離れれば、体験的対象の実在を同意する常識的立場を天然と考える者、オースティンのように「錯覚」による実在論の批判を不当とする見地もある。

前記の傾向の意義としては、以下のような点があげられる。(1)常識哲学の実在論の洗練であり、(2)体験の後ろの原理的に非体験的な実在との関係を論ずる、伝統的傾向の根本的難点を排し、(3)概念実在論のように科学的諸性質や法則を実体化せずに、それらを体験から抽象され構成された記号体系と考える。とくにプラグマティズムは、この類の契機を体験理解のための道具、術とみる柔軟で融通の効く観点をとっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。