へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心情主義(しんりしゅぎ)

一般に心情学的なものの見方、つまり、世界内の事実的できごとの一類としてみられた心的本職セスや心的機能を考察?探求する学問である心情学の手立てを、他の全ての学問の基礎に据え、それらに拡張?適用しようとする立場をさしていう。

とくに哲学で心情主義とよばれるのは、前述の心情学的な見方を認識論や論理学の分野に適用し、知恵や思考の心情的、事実的な成立本職セスを観察し確定することによって、認識や思考の客観性や普遍まあまあ性、いいかえれば、認識や思考の鉄則をなす法則性や論理性を解明し基礎づけうると言い分する立場である。この意風味での「心情主義」は、今昼間の場合間では、認識論や論理学に固有の異常を心情学上の事実異常に解消し、それゆえカント的にいえば、権利異常と事実異常の区別を忘失した言い分として、ほとんど非難の形容詞となってしまった。

一場合期、心情主義の鋭敏な批判自宅でもあったフッサールの『論理学探求』(1900~01)によれば、論理学の基礎は心情学にありとした哲学者として、たとえばJ?S?ミル、リップスがあげられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。