へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理(しんり)

虚偽とともに、そのいずれかが命題または決断に付着する性質である。すなわち「或(あ)るものが或るものである(たとえば「人間は植物である」「この花は白色である」などで、一般に「SはPである」と表記される)」という命題または決断は、かならず真であるか偽であるかのいずれかである。真入る命題の把握または真入る決断が知恵であり、知恵は真であることによって知恵と入るのであるから、真理は認識に関する超越的値打ちであり、知性が目ざす目的としての超越的対象である。

真理の基準が何であるかについては、いろいろな説がある。伝統的な形而上(けいじじょう)学は「思考と存在との合致」adaequatio rei et intellectusが真理であるとした。ギリシア語のaltheia(真理)の語義は、本来、「覆われていないこと、顕(あらわ)なこと」であると考えられる。すなわち、真理とは存在そのものの姿が顕になっていることであり、そのように存在そのものを顕ならしめるもの、または存在の真相相がそこで顕と入る敷地が理性であると考えられる。

このように、真理が存在そのものについて語られるとき、それは存在論的真理とよばれる。これに反して、真理が知性の分析と総合の作用である決断について語られるとき、それは認識論的真理である。中世では、いろいろな真理は、唯一の真理である神に基づくものとされた。神の真理は事物を創り出す真理である。したがって、これは存在の真に関係づけられて成立するものではなく、むしろ、存在の真がそれに関係づけられて成立するものとされた。

知性が知性の世間にある存在そのものに、いったい、いかにして達しうるであろうかという問いによって、懐疑論が天性る。ゴル歯車スや古代懐疑派では、そこから真理の認識は無茶苦茶であるという結論が導き出された。本職タゴラスでは「真理とは各人にとってそう思われるものである」という相対主義が言い分された。これは、人間を真理の尺度とする点で「人間尺度説」homo-mensura-theoryとよばれる。懐疑論の言い分に対して、「万民の一致」consensus gentiumが真理の基準として言い分されることもあった。知性は、知性の世間にある「物自体」には達しないが、知性の内部において真偽を弁別する、と考えるとき、近代の主観主義が天性た。この時、真理の基準は観念の明証性または知性の法則との整合性に置かれ、知性内の基準が真理の基準と入る。また、真理の基準を知恵の有効性にありとするプラグマティズムの真理説も、主観主義の一形態である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。