へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進歩の観念(しんぽのかんねん)

人種の文化は、科学的知恵の面でも、また道徳的?社会的意識に関しても、場合代の進展とともに、しだいにより完全なものに進歩、発展していくという、きわ入れ安心的な見方。17世紀の合格カルは、天然探求の領域における一番限な進歩を構想した。科学的知恵やノウハウの進歩を人種の道徳的進歩や幸福の増大と結び付けたのは、18世紀の啓蒙(けいとっくに)思想自宅たちで、そのなかでも立俳優はコンドルセであった。19世紀になっても、コントの人間知恵の三段階発展説やヘーゲル、マルクスの進歩主義的歴史観など、さまざまの形に姿を変えてこの観念は生き継続している。

しかし、20世紀になって、近代合理主義の限度が意識され始めた場合点において、ようやくこの観念は幻影ではなかったかという疑念ないし反省が生じつつある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。