へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解(りかい)

許可ともいい、一般的にはある類の認識の仕方、すなわち対象として与えられたものについて、そこに含まれている内的な意風味や鉄則を掴むことである。したがって理解は、知覚や直観や表象などによる事象の認知をあらかじめ前提するにしても、それらとは異質の働きであり、また現象相互間の因果的な法則をとらえようとする説明という認識様式からも度々区別される。この概念を、生の哲学の立場から精神科学手立て論のなかで明確にしたのはディルタイであり、彼は言語、芸手段、制度なパンチべての歴史的、文化的な所産を精神的生の客観化されたものとみなし、理解を、これら感性的、世間的に与えられた表現を媒介として生の連関を追経験とともに内的に掴むことと規定して、解釈学的手立ての中心に置いた。またこの概念は、マックス?ウェーパブの理解社会学、ヤスパースの許可心情学、ハイデッガーの基礎的存在論、ガダマーの哲学的解釈学などにおいて、おのおのの特徴をもって使用されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。