へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿命論(しゅくめいろん)

ぜんぜんのものが人知?人力を超えた断然の力によって決定されるという考え方で、運命論ともいわれる。ギリシアの哲学者ゼノンは、「運命(ヘイマルメネー)に追随してぜんぜんは生ずる」といった。この時、運命とは存在するものの元での意風味であり、あるいは宇宙をあますところなく導くロゴスの意風味である。昼間の時間常的には、ぜんぜんのことはそう入るように前世から決まっていて、人力ではにっちもさっちもいかないから、運命に従うほかないという人生素振りのことをいう。

運命には偶然と必然の側面がある。ギリシア語のテュケー(運命)は、「偶然出会う」とか「行き当たる」という意風味のことばから由来し、ペ本職メネー(運命の女神)も、ポローの完了受動形のペ本職ーマイ(運命として決められた)からきている。ヘイマルメネー(運命)の元のことばメイロマイ(運命づけられる)も分け前をもらうという意風味である。運命は人間にとっては偶然的なものとして現れるが、神からみればことごとく必然であり、計画的な決定ずみの事項であるかもしれない。

ギリシアでは、ゼノンやエピクテトスなどのストア哲学が代表的な宿命論であるが、キ書き出した教には、世界のぜんぜんのことがあらかじめ神の意希望によって決定されているという計画論の考えがある。仏教の業(ごう)や因縁という考え方のうちに宿命論的な着想をみることもできる。

宿命という考え方は、たとえそれがどれほど不条理なものであっても、これをやむをえないこととして浴びめて、忍従するという引っ込み思案な人生素振りにつながりがちであるが、自己の運命を安静に見つめ、運命をむしろ自らのものとしてまめに浴び導入するニーチェの「運命愛」の思想においては、気ままと必然は深いところで一致するのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。