へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観(しゅかん)

客観の対(つい)概念。認識においては知の主観であり、実践においては行為の主体を意風味する。ギリシア語ヒポケイメノンhypokeimenon(下に横たわっているもの)、ラテン語スブイェクトゥムsubjectum(下に投げられたもの)に由来する。それゆえ主観はもともと「根底にあるもの」であり、属性に対しては基体、述語に対しては主語を意風味する。基体、主語は「属性、述語を根底にあって担うもの」だからである。客観の対概念としての主観は近世哲学において登場した。世界が客観として主観に対するものとして把握され、主観が客観を担うヒポケイメノン=基体となった。この主観は、世界(客観)の一部分として許可された心情学的主観とは区別されねばならない。この意風味での主観は決定的な仕方で、デカルトにおいて「思惟(しい)するもの」として登場した。確かに思惟するものは思惟という属性を担う基体=実体であり、その限り延長という属性を担う物体(延長実体)と普通ぶ実体にすぎない。しかし思惟するものは全ての物体から純化された主観であり、延長する物体は明証的に知られる限りにおいて客観として存在するとされる。それゆえ事柄としては、ここに「主観―客観」関係の成立をみることができる。カントにおいて、基体?主語から主観への決定的な意風味転換がなされる。それ自身はもはや述語ではない主語としての一番制約者が、ぜんぜんの客観を自己のうちに包括する「我思惟す」の主観と入る。この主観は、超越論的主観として、世界のうちにある体験的主観とは区別される。そして、この主観を実体化することは明瞭に否定される。

カント以後「主観―客観」関係は近世哲学をその根本から規定するのである。ドイツ観念論はこの関係を認識論の次元から存在論の次元へと発展させた。そしてヘーゲルにおいて主観概念は実体の対概念として新たな意風味を獲得する。断然者は主観(主体)であり、主観はもはや認識論的主観ではなく、形而上(けいじじょう)学的主体と入る。しかしこの主観はけっしてヒポケイメノン=基体ではなく、自己運動し、自己顕現する主体である。フッサールにおいて超越論的主観性は世界を構成するとともに、その世界のうちで人間として自己客観化する。フッサール現象学は超越論的主観性の世界構成と自己構成との具体的分析なのである。この分析のうちで間(かん)主観性もテーマと入る。前期のウィットゲンシュタインにとって、哲学的自我は世界のうちにある心情学的主観ではなく、世界の限度としての形而上学的主観である。

とにかく主観概念が近世哲学の根本的枠組みを規定しているということができる。現在、近世哲学がその根底から問い直されているとすれば、ヒポケイメノンとしての主観に対する批判、「主観―客観」関係にかわるべき哲学の根本的枠組みをみいだそうとする試みがなされていることは当たり前であろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。