へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主意主義(しゅいしゅぎ)

人間の知性と意希望はどちらが有力で他に勝るかという異常は、中世のスコラ哲学から生じたものであるが、その時、知性を上位に置く主知主義に対し、意希望を上位に置くのが主意主義である。人間の意希望は知性によって決定されるのではなく、それを決定する事情がなくても気ままに発動すると考えたイギリスのスコラ哲学者ドゥンス?スコトゥスは、その代表者といえる。デカルトもまた、人間の知性は有限であるが、意希望は神の時と同様に一番限であるとする点で、主意主義の系列に属する。

ところで広義では、意希望を他のすべてに先だつ根源的なものとみるのが主意主義で、たとえば、意希望が世界や世界内の現象の鉄則であり本体であるとみるショーペンハウアーは形而上(けいじじょう)学的主意主義の代表者であり、意希望を人間の心の根本機能とみるドイツの心情学者ブントは心情主義的主意主義に属する。また総じて認識や思考が暮らし意希望に基づいて展開されるとみるプラグマティズムの立場も、主意主義の一類といえよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。