へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シミュラークル(しみゅらーくる)

現実との対応関係から解放され、もはや現実を反映する不可欠のない純粋な記号としての「もの」や好みまたはそれらのシステムを意風味する(原語はフランス語だが、特定の経緯語はない)。

語源的には「表象、好み」を意風味するラテン語シミュラークルムsimulacrumに由来し、歴史的には主にキ書き出した教からみた「異教の偶像」を指して用いられたが、この語にまったく新しい?ダンな意風味作用を与えたのはフランスの社会学者ジャン?ボードリヤールである。彼は『象徴交換と死』L change symbolique et la mort(1975)で、シミュラークルの展開を、(1)ルネサンスから産業革命までの「模造」(オリジナルの値打ちに依存するコピー)、(2)産業革命と機械制大工業場合代の「生産」(機械によって大量生産されるオリジナルと等価な複製)、(3)生産が差異のコードによって統治される現段階の「シミュレーション」(差異の変調を指示するコードにしたがって生み出されるオリジナル留守の記号)に分種した。近代以降の世界では、(2)はワルター?ベンヤミンが1930年代に提案した複製ノウハウ場合代の複製概念であり、(3)が?ダンな意風味のシミュラークルである。

ボードリヤールはさらに進んで、『シミュラークルとシミュレーション』Simulacres et simulation(1981)では、現実とその好みの関係を、(1)現実の忠実な反映としての好み、(2)現実を歪める好み、(3)現実の留守を隠す好み、(4)いか入る現実とも一番関係な好みに区別し、(4)をオリジナルとコピーの二項対立を卓越した純粋なシミュラークルと呼んでいる。そして、現実と記号の等価性の原則から出発する表象(リプレゼンテーション)とは異なり、もはや客観的現実を不可欠としないこのシミュラークルの産出プロセスをシミュレーションと名づけるのである。このような思想の前提には、全ての財とサービスが情報メディアのネットワーク上で差異表示記号として機能する現代消費社会では、現実と記号の関係があべこべ転し、現実世界自体が記号化されてしまったという認識がある。ボードリヤールのシミュレーション論がスーパーリアリズム(ハイパーリアリズム)など現代美手段に大きな影響を与えたのはそのためである。

シミュラークルの実例は、コンピュータ?グラフィクスやホログラム(三次元写真)などからディズニーランド型の主題パークまでじつに多様であり、20世紀末以降は高度消費社会そのものがシミュラークル化しつつある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。