へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思弁(しべん)

近代インド?ヨーロッパ語で、思弁に対応する原語、たとえば英語のspeculationが株の「投機」の意風味をももつことに暗示されているように、あれこれと思い迷うこと、「思惑」というニュアンスをもつ。そこで哲学的には「思考」「思索」と一面では共通の意風味があるが、次のような相違を示す。

(1)古代ギリシア哲学以来の区別の伝統を浴び、ノウハウ(テクネー)techn、実践(プラクシス)prxisに対して、実践、実用を離れた純粋に知的認識としての観相(テオリア)theriの含みが強い。

(2)体験的、証明的、科学的な思考に対し、理性的、空想的、形而上(けいじじょう)学的思索の意風味をもつ。

そこで、プラトンや近代理性論の系譜、観念論的立場からは、哲学的活動の鉄則として重視されるが、体験論、唯物論、実践重視の哲学的立場からは消極視される。とくに現代では、理論物理学の「思考実験」と同様の意義が認められる時を除けば、概して空疎で非行動的な思索という悪い意風味をもつ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。