へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然弁証法(しぜんべんしょうほう)

マルクス主義の立場で、物質的な天然界の運動法則が、根本的に対立物の統一という形をとると考え、その法則性を天然弁証法とよぶ。この点に、弁証法的唯物論の当然根本的な基盤があるとみなされることが多い。この法則性として存在する弁証法が意識に反映されると、天然科学の法則もまた弁証法的な形をとる。天然弁証法によって、ブルジョア科学が陥っている形而上(けいじじょう)学的天然認識の限度を上回ることが可能に入るとみなされて、スターリン場合代の「天然弁証法に基づく農業ノウハウの革命」という誤りが生み出された結果、分坊主生物学が否定的に評価された。「天然弁証法」という語は、エンゲルスの遺稿『天然弁証法』(1925刊)に由来する。この著作は、初めビュヒナーの機械論的唯物論を反駁(はんばく)するというねらいで書き始められたが、当初の夢を超えて、さらにまとまった唯物弁証法の立場からみた天然哲学の体系を構想するために書き進められ、未完のまま残された。彼はこの書で、19世紀に至るまでの体験的天然科学を総括することによって、同場合に、弁証法に対する天然科学者の素朴な一番知を指摘しながら、弁証法を導きの糸として、天然科学全体の系統的、内的な連関をとらえて、天然の全体像を構成的にとらえることが可能に入ると考えた。彼は、ギリシア人が素朴に抱いていた「天然を全体として大局的にとらえる直観」と、シェリング、ヘーゲルの天然哲学から、弁証法的唯物論の核心となりうるものを取り出し、進化論、エネルギー恒存則などに代表される当場合の天然科学の成果をつぶさに検討し、天然の弁証法を描出しようとした。その天然観の当然根本的な立場は、「天然は存在するのではなく、生成し、消滅するのである」ということばにみられる。これは実体(神即天然)は自己元で者であるというスピノザ、シェリングの思想を脱神話化しようとしたものである。

こうして彼は、天然の歴史のなかから「弁証法の当然一般的な法則」、すなわち、(1)量から質、および質から量への転化、(2)対立物の相互浸透、(3)否定の否定、という3法則が抽出されるとした。しかし、有力なマルクス主義者のなかには、人間的行為?労働に媒介される従来の非社会的存在としての天然に、このような弁証法が成立するはずはないと天然弁証法にまめ意風味を認めない者もいる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。