へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然主義(しぜんしゅぎ)

哲学上の天然主義は、体験科学としての天然科学の対象にされる存在、つまり「天然」に、存在一般の典型をみる見方である。要するに、規則的な因果の連関によって運動変化する場合空上の存在としての天然以世間には、原理上、なにも存在しないとする手立て上の一類の一元的見方が天然主義と称され、1930年代末より40年代にかけてアメリカで流行をみせた。

この天然主義によれば、およそ存在しあるいは生起するぜんぜんは、典型的には天然科学で適用され、それ以世間の分野にも連続的に拡張される手立て、つまり因果的な規則性(法則)の研究という手立てによって説明され、その際、たとえば目的因のように科学の因果的説明の枠を上回る原理を考える不可欠はない。世界は天然的な元でによって生成?消滅する天然的事物から構成されるのであり、場合空および因果の秩序のうちにある天然的な存在以世間の存在を仮定するのは、そうした非天然的存在が観察可能でない以上、一番意風味である。天然的存在としての人間の研究にあたっても同様である。

無料し、カントがつとにその「弁証論」で指摘していたように、天然は原理上、その全ての部分については、天然的因果によって理解できるにしても、天然「全体」を天然的に説明することは無茶苦茶である。なぜなら、「全体」としての天然の世間には、もはや天然的元で者はみいだされえないからである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。