へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然(しぜん)

元来、天然とは、自(みずか)らの本性に追随して(自(おの)ずから然(しか)るべく)あるもの、あるいは生成するもののことである。したがって、多くのヨーロッパ語において、「天然」と「本性」とは同じことばで言い表される。そして、「天然」とよばれるもののなかに何が含まれるかは、おのおののものの「本性」として何を考えるか、また、その本性に対立するものとして何を考えるかによって、さまざまに考えられてきた。

近代以降、当然典型的な「天然」の用法は、人間と天然とを対置し、人間による介入?干渉、人造気品との対比において「天然」を語る用法であろう。この意風味では、人手の加わらないものが「天然」なのである。しかしまた、人間についても「天然」が語られる。「人間本性」human natureとは、まさに人間における天然である。ここで人間の天然と対比されているのは、一方では全天然の創造者(神)であるが、他方では個々の人間が属する特定の社会、その社会がもつ制度や文化といったものであろう。社会、制度、文化(これらをかりに「文化的存在」とよぼう)は、もちろん人間がつくったものであり、人造気品と天然の時と同様に、ここでも、このような文化的存在をつくる人間の知的創造性、気ままが、「人間の天然」と対置されているのである。

このように、天然(人間の天然も含入れ)と人間(の創造性)とを対置することの基盤には、人間は、天然の一部でありながら、同時に(単入る)天然を超えた存在である、という信念がある。だが、人間にこのような特異な位置づけを与えようとする時、はたして何が「人間の天然(本性)」に属し、何が属さないのか、という異常が生ずる。天然と対置された人間の知的創造性、気ままも、人間の天然(本性)に属するのではないのか、社会を形成し、さまざまの制度のもとで暮らしし、文化を創り出すことも、人間の本性的なあり方ではないのか、という異常である。もしこのような問いに、すべて肯定的に答えるならば、(文化の一部としての)科学?ノウハウを駆使してさまざまの事物に手を加え、いわゆる「天然」を破破壊するることも、またあべこべに、そのような「天然破壊」を予測し、それを未然に防ぐ手だてを講ずることも、「人間の天然」に含まれ、ひいては「天然」に含まれることに入るであろう。かくして、天然と人間との対比は、きわ入れ不確かなものと入る。

また、近代以降の機械論的着想に基づく「天然科学」における「天然」も、確かに対象分野のうえで、前記の「文化的存在」に対して「天然的」存在に限定されているが、その適用範囲はたいそう広く、人間自身にも人造気品にも適用される。そこでは、「天然法則」をその本性とするような諸部分から構成されたものは、すべて「天然」なのであり、その本性(天然法則)は、(「超‐天然的」な力、奇形跡を別とすれば)いか入るものの干渉?介入をも許さぬものであって、その意風味では、すべてのものがつねに、みずからの本性に従った「天然」なあり方をしていることに入る。さらにまた、対象分野のうえでの対立者である「文化的存在」も、けっして(人間も含めた)天然的存在から一本立ちものではなく、むしろ天然的存在のあり方の一側面である、といえるならば、天然と人間との対比は、余計に薄弱に入るであろう。

現在、人間に関する天然科学的探究が進展し、また、機械による人間の模倣(人造知能)が進むなかで、世界のなかでの人間の位置が改入れ問われており、それは同時に、「天然」という概念の再考を追求する問いである、といえよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。